育毛剤・育毛サプリを口コミ・価格・特徴で比較。薄毛に悩む利用者から声から見えてくる本当に効く育毛剤・育毛サプリをご紹介!

  1. ヘアケア
  2. 73 view

ストレスが関係するハゲとAGAが原因のハゲの相違点

ひとくちにハゲと言っても、その原因となる要素はケースによって異なります。男性に多いAGAや、女性に多く見られる円形脱毛症はハゲる理由が根本的に異なるのが特徴です。そこでストレスが影響を及ぼすハゲと、AGAによってハゲるケースをそれぞれ別々に見ていきましょう。

ストレスが引き金となるハゲ


円形脱毛症は自己免疫疾患の一つと考えられており、この自己免疫疾患は女性に多いことが特徴です。そのため、円形脱毛症にかかる割合は女性の方が多いのですが、男性がならないという保証はありません。なぜならこの疾患はストレスが原因となって発症するからです。

円形脱毛症の主な原因は「急性ストレス」で、10円玉程度の円形ハゲができるのが大きな特徴です。また女性で脱毛をしている部分がある場合や、メンズエステで脱毛をした男性も、脱毛した部分のうぶ毛もなくなりツルツルの状態になります。円形脱毛に代表されるストレスが原因のハゲは急性脱毛と呼ばれ,非常に強いストレスがかかることによって、血管が急激に収縮し、その結果毛根部分から離れてしまいます。そして、本来毛根へと送られていた栄養の補給が完全に断たれてしまい、毛が抜けて脱毛状態になるのです。

円形脱毛は、非常に強いストレスが急激にかかってから、およそ1~2ヶ月後に症状が現れます。これは、普段から毛乳頭と呼ばれる部分に栄養素が蓄えられているので、毛根への栄養補給がたとえ途絶えたとしても、しばらくは蓄積されていた栄養素が髪を留めておけるからなのです。

そのため、急激なストレスを受けた時期に円形脱毛の症状がすぐさま現れるわけではなく、円形脱毛が現れる時期とストレスを受けた時期にずれを生じます。診察を受けた際に、円形脱毛症は「急性ストレス」が原因になるので、ストレスがあったかどうかを聞かれても、本人にストレスの自覚がないケースも多くあります。ストレスの感じ方や受け止め方は人それぞれですので、円形脱毛症になったとしても、それほど強いストレスを受けていたと感じていない人もおり、症状が現れて初めて受けたストレスに思い当たることもあるほどです。円形脱毛は、原因となっているストレスが取り除かれたりやわらぐことで、症状は改善に向かいます。

もともと一時的な現象として現れるものですので、ストレスがなくなれば血管の収縮も回復し、約1~3ヶ月で髪は元通りに再生してきます。円形脱毛が現れると、なんとかして髪を生やそうとする人がいますが、ケア方法を間違えると逆に症状を悪化させてしまいます。焦って直そうとせずに、頭皮や毛細血管が自然に回復するのを待ちましょう。必要以上の手入れを行うと頭皮を傷めてしまい、新たな脱毛を引き起こすことにもなりかねません。飲み薬や塗り薬も必要ありませんので、まずはストレスフリーの生活を心がけましょう。

男性型脱毛症によるハゲ


男性に多くみられるハゲはAGA(エージーエー)と呼ばれる「男性型脱毛症」です。成人男性によくみられ、額の生え際や頭頂部付近の髪が薄くなるのが特徴です。現れ方は思春期以降に、額の生え際か頭頂部にあるつむじの部分のどちらか一方、もしくはその双方から薄くなっていきます。AGAは遺伝や男性ホルモンによる影響などが主な原因と考えられており、加齢も原因の一つとなります。

毛髪には成長期から始まって退行期に入り、休止期を迎える「毛周期」というサイクルがあり、この循環を繰り返すことによって、古い髪の毛が抜け落ちて、また新しい髪の毛が生えてくるのです。ところが様々な理由が重なることで、毛母細胞の機能が低下し成長期が短縮する場合があります。こうなると髪は十分に成長できなくなってしまい、休止期が占める割合が増加してしまうのです。その結果髪の毛の量が減って、いわゆる薄毛状態になってしまいます。

AGAは男性ホルモンの「テストステロン」が、酵素の「5α-リダクターゼ」と結びつき「ジヒドロテストステロン(DHT)」を代謝します。この「ジヒドロテストステロン」の作用により毛母細胞の活性が低下してしまい、薄毛となった状態がAGAなのです。AGAの発症年齢や、進行具合は人によって違いがあり、早ければ10代でも症状が現れることがあります。また、AGAはヘアサイクルが乱れることによっても引き起こされますし、やはり遺伝子変異による可能性も考えられます。AGA「男性型脱毛症」は遺伝と男性ホルモン、そしてストレスが大きく関係していると言っていいでしょう。


ストレスは身体に様々な悪影響を及ぼし、それは頭皮や毛髪に対しても同様で、実際にストレスが原因で薄毛やハゲに陥る「円形脱毛症」がその事実を示しています。一方で全く違う原因も要因となって、薄毛やハゲを引き起こすAGAのメカニズムも分かっており、数々の対処法が確率されて薄毛に悩む人の救いとなっています。薄毛が気になってきた人は、専門家のアドバイスを受けることで、大切な髪を守ることができるに違いありません。

ヘアケアの最近記事

  1. ストレスが関係するハゲとAGAが原因のハゲの相違点

  2. お酒の飲み過ぎで薄毛になってしまうのか調べてみました

  3. M字ハゲで悩んでる方必見!M字ハゲの原因や対策法を紹介

関連記事

PAGE TOP