育毛剤・育毛サプリを口コミ・価格・特徴で比較。薄毛に悩む利用者から声から見えてくる本当に効く育毛剤・育毛サプリをご紹介!


薄毛になってきたかもと感じたとき、最初に取れる対策が育毛剤や発毛剤を使うという方法です。ドラッグストアに行けばたくさん並んでいますし、インターネットでも買うことができます。これで薄毛が解消できたら一番手軽でいいし、自分でできるからなおいいと考える人がほとんどでしょう。育毛剤や発毛剤にはたくさんの種類がありますので、その効果のほどや、副作用を知り、安心して使えるものはどれかを見極める必要があります。
そのためには以下のポイントに沿って、それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。
1.育毛剤と発毛剤の違い
2.薄毛への働きかけの仕組み
3.副作用はあるのか
4.おすすめはコレ

1.育毛剤と発毛剤の違い


薄毛が気になるから育毛剤を使おうと考える人は多いものの、調べてみると発毛剤というものもあることが分かり、違いはなんなのかで悩むことがあります。育毛剤と発毛剤は名前が違うことから言って、全くの別物と考えることが重要です。自分の薄毛の状態をはっきり知って合った方を選ばないと、効果が実感できないばかりか、逆効果なこともあります。
育毛剤は毛を育てると書くことからも分かるように、抜け毛を予防し、今ある髪を丈夫に、健康に保つことを目的に作られています。そのため、医薬部外品に分類され、ヘアケア製品の一つと捉えるのが正解です。一方の発毛剤は発毛を促すために作られていますので、医薬品に分類されます。発毛剤には育毛剤と同じく抜け毛を予防し、今生えている髪を丈夫にするほか、新しく毛を生やすという発毛効果を持つ成分を含んでいるのが、育毛剤とは最も違う点です。育毛剤に含まれるのは発毛促進効果と呼ばれる、新しい毛が生えるのを補助する成分ですので、そもそも発毛する力を失ってしまっていたら、せっせと使っても髪が生えてくることはなかなか期待できません。

2.薄毛への働きかけの仕組み


発毛剤の場合は発毛効果があると認められていることから、髪の毛を生成する細胞に働きかけ、髪を生えさせる期待が持てます。一方の育毛剤は発毛促進効果なので、頭皮環境を整えたり、血流を改善したりすることで、発毛しやすい状態にし、新しい毛が生えやすい頭皮にするところまでしかできません。
直接細胞に働きかけて発毛を促す成分を含んでいないため、あくまでも頭皮環境を改善することで生えてきやすくし、発毛してきたらラッキーといったところです。そのため、すでに薄毛になって毛がない人は発毛剤を選ぶ必要がありますし、将来薄毛になりたくない人は育毛剤を選ぶのが適しているということになります。

3.副作用はあるのか


発毛剤の主成分であるミノキシジルには、細胞に働きかけて発毛を促すという働きがあり、この働きによって新しい毛が生えてくるわけですが、新しい毛を生えさせるという効果があるために、どうしても副作用が起こりがちです。主な副作用としては、多毛症や動悸、あるいはむくみなどで、髪が生えてきたのは嬉しいけれど、手足の毛がモサモサしてきたり、動悸がして苦しい、あるいは体がむくむといった副作用に悩まされることが分かっています。
将来の薄毛対策としてケアケアで取り入れたい人が間違って発毛剤を使うと、体毛が濃くなったり、さらには動悸がして苦しいといった副作用がでることがありますので、くれぐれも注意が必要です。発毛させたい薄毛の人でも、動悸やむくみといった副作用が出る可能性がありますが、発毛させたいあまり、副作用が出ているにも関わらず使い続けることもあるでしょう。けれど、これは非常に危険です。
発毛剤を使って副作用が起こったときには、医療機関を受診することが大事で、中でもAGA治療を行っている医療機関がベストです。

4.おすすめはコレ


育毛剤と発毛剤の違いについて理解したら、自分にはどちらが必要なのかが分かります。また、どのような状態が副作用なのかを理解していれば、体に異変が起こったときにはすぐに使用をストップできます。そのうえで、安心して使えると評判のおすすめの育毛剤と発毛剤をそれぞれピックアップしてみました。副作用が心配な発毛剤では、頭皮に塗るタイプと服用するタイプとに分かれますが服用タイプは医療機関でのみ処方されます。塗るタイプの一番人気はリアップで、第一類医薬品に指定されていることから、薬剤師の説明を受けたうえでないと買えないのが特徴です。
ほかにもスカルプDのメディカル ミノキ5もおすすめで、ミノキシジルをもっと身近に感じてほしいということから、5年の歳月をかけてミノキ5を完成させました。育毛剤であれば、無添加無香料のチャップアップが安心して使えます。さらに97%以上が満足したというイクオスも、人気のある育毛剤です。


副作用が起こるのは主に発毛剤であり、育毛剤は化粧品と同じようなヒリヒリするといった、いわゆる合わない状態が起こります。発毛剤で起こる副作用は、医薬品だけに重篤な症状になる可能性もありますので、違いを知って適した方を正しく使うことが、発毛に繋げるには非常に重要です。

おすすめピックアップ

  1. 女性も遺伝で薄毛になってしまうのか?…
  2. 原因はある物質の量とその感受性にあることが判明、その対策方法…
  3. 育毛剤は頭皮からは浸透しないって本当?!…
  4. 【育毛・脱毛】食べたら生える!飲んだら抜ける?…
  5. 発毛剤や育毛剤の中止はできるのか…
  6. 体毛が濃い方必見!体毛の濃さとハゲの関係性とは…
  7. プロペシアではヒゲや体毛は濃くならない…
  8. タバコを吸うとハゲるのか?最近の研究結果を検証…
  9. ストレスが関係するハゲとAGAが原因のハゲの相違点…
  10. お酒の飲み過ぎで薄毛になってしまうのか調べてみました…
  11. 発毛剤を使うのは待って!円形脱毛症はクリニックで治ります…
  12. M字ハゲで悩んでる方必見!M字ハゲの原因や対策法を紹介…
PAGE TOP