育毛剤・育毛サプリを口コミ・価格・特徴で比較。薄毛に悩む利用者から声から見えてくる本当に効く育毛剤・育毛サプリをご紹介!

  1. 育毛剤
  2. 26 view

原因はある物質の量とその感受性にあることが判明、その対策方法を知ろう

男性の薄毛の多くはAGAであり、男性型脱毛症と呼ばれます。なぜ薄毛になるのかという原因については、遺伝や食事及び生活習慣、さらには精神的なストレスなどがあるとされていますが、最も大きな要因は男性ホルモンです。最も大きな要因である男性ホルモンに、5αリダクターゼという物質が影響していることが近年の研究で分かってきました。
そのため、この影響について知ることが薄毛の対策方法に繋がると考えられることから、いくつか要点をピックアップして、詳しく検討していくことにします。要点を絞り込み、より詳しく理解することによって、効果が実感できる薄毛対策に繋がっていくものと思われます。

薄毛になるホルモンとは


男性型脱毛症になる原因は男性ホルモンにあると言われていますが、より具体的に言うと、テストステロンという男性ホルモンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変える物質、5αリダクターゼが関係しているためです。5αリダクターゼは酵素の一種で、1型と2型があり、2型5αリダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変えるということが分かっています。なぜジヒドロテストステロンに変わると薄毛になるかというと、毛乳頭細胞に存在するレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体に結びついて、正常な発毛のサイクルを狂わせてしまうからです。
テストステロンが正常に働くことによって、男性の体はしっかりと機能することになり、本来、5αリダクターゼはテストステロンの働きを補助することから、なくてはならない成分です。
ただ、テストステロンと結合することで薄毛の原因になってしまうことから、結合さえ避けることができればいいのですが、自分の意思でできることではないため、薄毛に悩まされている男性は多いというわけです。

薄毛を引き起こす量と感受性とは


5αリダクターゼは、1型が側頭部と後頭部の皮脂腺に、2型は前立腺と前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在しています。皮脂の分泌が多く、肌がテカリがちな人は1型5αリダクターゼが多いタイプ、毛乳頭に存在する2型5αリダクターゼが多いタイプの人はヒゲや体毛が濃くなるのが特徴です。2型5αリダクターゼが存在する前頭部で薄毛が起こっているということは、この2型5αリダクターゼが薄毛を引き起こす原因です。さらに、近年の研究により2型5αリダクターゼの分泌量と、ジヒドロテストステロンが作用する毛乳頭細胞の受容体の数や感受性に関連性があることが分かってきました。

5αリダクターゼと受容体の数は、遺伝によって決まりますので、薄毛になるかならないかは生まれ持った体質によると言っていいでしょう。2型5αリダクターゼの分泌量は人によって異なりますが、仮に分泌量が多くても受容体の感受性が低ければ薄毛にはなりません。

また、受容体の感受性が非常に高くても、2型5αリダクターゼが少なければ、これまた薄毛にはならないのです。つまり、薄毛になるかならないかは、2型5αリダクターゼと結びついてジヒドロテストステロンができることが問題なのではなく、5αリダクターゼの量と受容体の感受性との関係が最大の問題であることが分かってきたというわけです。

具体的な対策方法はあるのか


薄毛になるのは、持って生まれた遺伝的な物質の量と感受性の問題だとするならば、具体的な対策方法はあるのかということが気になります。基本的に遺伝的なものが一番の原因ですので、生活習慣の見直しやタバコはいけないとか、ストレスが良くないといったことは全て解決策にはならないと言えます。つまり、何かを改善するように取り組めば治るというものではなく、量と感受性によって薄毛になるかならないかはすでに決まっていると言えますので、具体的な対策方法は、どうやって発毛させるかに絞られてきます。
結論から言うと、発毛剤を使って発毛させるしかないということです。男性の薄毛の原因の9割はAGAであり、その原因は遺伝ということであれば、対策として育毛剤や育毛シャンプーなどではどうにもならないということがよく理解できるでしょう。選択肢は発毛剤のみであり、塗るタイプの発毛剤か、医療機関で処方される薬を服用するかのいずれかになります。


医療機関を受診する必要はあるものの、薄毛の原因がAGAだということがはっきりと診断されたとしたら、対策方法は発毛を促すしかないということになり、むしろ育毛剤をジプシーするといったことがなく、回り道しなくて済みます。

5αリダクターゼの分泌量と毛乳頭細胞の受容体の感受性を変えることはできない以上、育毛剤で毛が生えてくることはないからです。発毛剤を使うにしろ、薬を服用するにしろ、薄毛がAGAであるということが早く分かることが大事で、早く分かればそれだけ対策も早く取れることになります。

育毛剤の最近記事

  1. 発毛剤を使用し続けると効果が薄れてしまうの?

  2. 原因はある物質の量とその感受性にあることが判明、その対策方法を知ろう

  3. 育毛剤は頭皮からは浸透しないって本当?!

  4. 【育毛・脱毛】食べたら生える!飲んだら抜ける?

  5. 発毛剤や育毛剤の中止はできるのか

関連記事

PAGE TOP