発毛のために自分で気を付けたい知識を身に着けよう


男女を問わず、薄毛や抜け毛、加齢に伴うボリュームダウンに悩む方は少なくありません。発毛を促すにはどうしたらいいのか、抜け毛やボリュームダウンを防ぐ方法はあるのか、発毛に必要な知識を知って日々のセルフケアからスタートしてみましょう。

抜け毛やボリュームダウンの原因を知ろう


抜け毛やボリュームダウンの原因としては、加齢に伴うホルモンバランスの変化でハリやコシが低下したり、髪が生えにくくなることが挙げられます。通常、男性ホルモンが優位になると抜け毛や薄毛になりやすく、女性ホルモンが活発なほうが発毛が促されます。また、年齢を問わず、生活習慣や食生活の影響やストレス、間違ったヘアケアやカラーリングやパーマのやり過ぎ、紫外線の浴び過ぎなども影響を与えるので注意が必要です。様々な要因の積み重ねで頭皮の皮脂と水分のバランスが崩れると、髪が育ちにくくなるのです。頭皮の乾燥を防ぎ、適度な皮脂と潤いのある頭皮環境を整え、発毛を促すホルモンバランスを整えることでキーポイントと言えるでしょう。そのため、発毛を促すには抜け毛や薄毛の原因を理解して、その原因を除去することが大切です。

適切な方法でシャンプーをしよう


頭皮環境を整えるためには、頭皮を清潔に保つことが大切です。もっとも、洗い方によっては皮脂をとり過ぎる、逆に毛穴に詰まった汚れがとれないことがあります。毛穴汚れはすっきり落とせて潤いや皮脂をとり過ぎないスカルプケアシャンプーや育毛シャンプーなどを用い、使い方や正しい方を守って毎日シャンプーをするようにしましょう。発毛のためには一度の洗髪で2回から3回シャンプーをするのがいいと言われています。洗い過ぎを防ぐために1回目はさっと汚れを落とす目的で、こすったりせず、優しく泡立てるように洗います。
次にしっかり泡立てた泡を使って頭皮をマッサージするように、しっかりシャンプーを行い、頭皮を揉みほぐしながら毛穴に詰まった汚れを押し出しましょう。さらに仕上げのシャンプーとして、もっちりと泡立ててた泡で、頭皮全体を覆って30秒ほど置き、泡で汚れを包み込むとともに薬用シャンプーや育毛シャンプーに含まれる育毛ケア成分や美容成分を浸透させましょう。その後、シャンプーが残らないようによく洗い流し、コンディショナーやトリートメントで保湿ケアします。

ライフスタイルを見直そう


自律神経の乱れは抜け毛の原因や育毛を阻む原因になるため、なるべく規則正しい生活をし、仕事やプライベートでのストレスもためないように工夫をしてください。できるだけ決まった時間に起き、規則正しく食事をし、決まった時間に寝るように心がけましょう。特に睡眠をしっかりととることが重要です。なぜなら、頭皮の環境を修復する成長ホルモンは寝ている間に分泌されるとともに、寝ている間は末梢血管が拡張して新陳代謝を活性化し、育毛を促してくれるからです。一方で、タバコは毛乳頭に入り込んでいる末梢血管を収縮させてしまうので、喫煙の習慣がある方は禁煙を目指しましょう。

食生活に気を付けよう


頭皮環境を整え、発毛を促すには食生活もポイントになります。髪の成分はタンパク質と言われていますが、大豆製品のような植物性タンパク質を重視して、動物性のタンパク質は控えたほうがいいでしょう。なぜかというと肉などの動物性タンパク質は、男性の場合は男性ホルモンが活発になりやすくなって薄毛の原因となり、女性は女性ホルモンの分泌が抑えられて薄毛の原因となる傾向があるためです。一方、大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの分泌を促し、男性ホルモンの分泌をコントロールしてくれるので、積極的に摂りたい食材です。塩分や香辛料などの刺激が強い成分もできるだけ控えたほうが、発毛のためにはいいかもしれません。また、スナック菓子や動物性油脂が多いファストフードやジャンクフードも控えるようにしましょう。知らず知らずのうちに動物性のタンパク質を摂取したり、カロリー過多や油脂の摂り過ぎでホルモンバランスを崩す原因となります。

ヘアケアはなるべくプロに任せよう


おしゃれ染めや白髪染めをされる方も多いと思いますが、セルフカラーはなるべく控えたほうがいいでしょう。適切な使い方をしていないケースや、放置時間が長くなりすぎるなどして髪や頭皮を傷める原因になります。また、洗髪が不十分で毛穴に薬剤が残り、頭皮を傷める原因になってしまいます。カラーや白髪染めをしたいときには、専門知識を持ち正しい方法で染めてくれる美容院や理容室でプロの施術を受けるのがベストです。


抜け毛や薄毛を防いで発毛を促すためには、健やかな頭皮環境を目指して、皮脂と潤いのバランスを整えることや、発毛を促す新陳代謝の活性化やホルモンバランスを整えることが大切です。そのためには生活習慣や食生活の改善、正しいシャンプーの仕方やヘアケア法を学びましょう。

おすすめランキング