発毛剤と育毛剤は全く違うと実感する決定的な要素とは


薄毛に悩んだとき、育毛剤を使ってみるかということになるケースはよくあります。ところが、実際に探してみると、非常に値段の差があることに気付き、どういうことかと驚いてしまうでしょう。これは、高価なものは育毛剤ではなく、発毛剤であることがほとんどだからです。この違いに気付いたら、薄毛対策には発毛剤と育毛剤の二つの選択肢があるということが分かります。そこで、この二つの決定的な違いを検討してみることにしましょう。発毛剤と育毛剤でどちらを選ぶかで迷ったとき、この3点についてしっかり理解しておくと、どちらを選ぶべきかが分かってきます。両者を比較しながら、押さえるべきポイントを探っていくことにします。

発毛剤とはどのようなものなのか


発毛剤とは、文字通り発毛させることを目的に作られたもので、育毛剤との決定的な違いは医薬品であることです。ミノキシジルという成分を含んでいることから医薬品に分類され、ドラッグストアで買うことができますが、第一類医薬品であるため、薬剤師からの説明を受けないと買えないようになっています。第一類医薬品は、通常、医療機関で処方される効き目の強い成分を含む医薬品のことで、最近は鎮痛剤などに多く販売されていますが、効き目が強い分だけ副作用のリスクが高まりますので、薬剤師から説明を受けてからでないと買えないようになっているわけです。
薬には少なからず副作用がつきものですが、成分が緩やかな第二、第三類医薬品の場合、注意を促す文書が薬に添えてあり、薬剤師の説明を受けることなく購入できますので、薬の専門家である薬剤師に説明を受けないといけないくらい効き目があるのが、第一類医薬品に分類される発毛剤の特徴と言えます。ミノキシジルがもたらす副作用の代表的なものは、毛の量が多くなる多毛症や、動悸がしたりむくみが出たりといったことです。そのため、発毛剤を使うときは、副作用が出るかもしれないということを念頭に置いておくことが大事です。

育毛剤はどういう目的で使うのか


発毛剤とは異なり、育毛剤にはミノキシジルはもちろん、薬の成分は入っていません。そのため、医薬部外品となり、つまるところコスメなどと同じ扱いです。発毛成分ではなく、発毛促進効果をもたらす成分でできているため、血流を良くしたりといった働きかけをする成分が主となります。また、炭酸ガスを含んだ育毛剤を使うことによって、頭皮に刺激を与え、血流を促すことができますので、お好みで選べるところが育毛剤の良さです。育毛剤には発毛剤が持っている細胞にダイレクトに働きかけて発毛を促す力はありませんので、髪が生えやすい頭皮に整えていくことが一番の使用目的となります。
また、今ある毛を抜けにくくして抜け毛を予防するほか、丈夫な髪になるように栄養分を与えるということも使用目的となります。今は髪があるけれど、将来薄毛になるのは嫌という人は、育毛剤を使って抜け毛を防ぎ、髪の毛を丈夫にすることで薄毛になるのを予防する目的で使うことになるのが、毛を生えさせる目的で使う発毛剤との決定的な違いです。

薄毛に悩む人はどちらを選択すべきなのか


薄毛がもしAGAと呼ばれる男性型脱毛症であるとはっきり分かっているのであれば、育毛剤は全く意味がありません。使う目的は毛を生えさせることにあるため、発毛剤にしかその力はないからです。発毛剤には育毛剤同様に抜け毛を防ぎ、髪を丈夫にする効果も期待できますので、発毛剤と育毛剤の決定的な違いは髪がないところに髪を生えさせることができるかどうかです。ミノキシジルという発毛成分を含む発毛剤なら可能で、含まない育毛剤には不可能というのは明白です。したがって、AGAによる薄毛に悩む人は発毛剤を選ぶことになります。


結論から言えば、毛のないところに毛を生やすためには、発毛させる要素をちゃんと持っている発毛剤が必要だということです。その反対に、今は薄毛に悩んでいないけれど、抜けて減っていくことのないようにしたいというのであれば、今ある毛をいかに保つかを考えれば良く、育毛剤という選択肢になります。十分に毛がある人が発毛剤を使うと、体毛が濃くなったり、動悸やむくみといった副作用に悩まされることになりますので、本来は必要ない苦しさを招くことになり、適切に選べていないと言えます。
毛を生えさせたいという人にとっては、育毛剤を使っても発毛は期待できないことから、育毛剤をあれこれ変えてみてはそのたびにがっかりということを防ぐためにも、最初から発毛剤を選ぶことが大事です。毛がなくなったために対処をするのか、それともなくさないために予防策を取るのかが、発毛剤と育毛剤の決定的な違いであり、副作用のあるなしや、値段の差も大きな違いと言えるでしょう。これらの違いを理解していれば、自分で頭皮ケアによる対策ができます。

おすすめランキング