育毛剤・育毛サプリを口コミ・価格・特徴で比較。薄毛に悩む利用者から声から見えてくる本当に効く育毛剤・育毛サプリをご紹介!

  1. 育毛剤
  2. 321 view

発毛剤を使うのは待って!円形脱毛症はクリニックで治ります

突然、十円玉ぐらいの脱毛を発見した場合、慌ててしまうこともあるのではないでしょうか。とりあえず発毛剤の力を借りて、なんとか髪を元の状態に戻したいと思う方もいるかもしれません。
しかしこの円形脱毛症の場合は、発毛剤の力を借りるよりもクリニックに行って医師に診てもらった方が早く円形脱毛症を治すことができます。円形脱毛症の原因は、自己免疫疾患によるものです。
なんらかのストレスを感じたとき、内分泌障害や自律神経障害などが起き、本来なら自分の体を守ってくれる免疫機能が、体の一部を攻撃してしまい、円形脱毛症になってしまうのです。

円形脱毛症は一時的なもの

円形脱毛症はほとんどの場合、一時的なもので時間が解決してくれる場合もあります。人は大きなストレスを感じたときや環境が変わったときなど、心に大きな負荷を抱えてしまい、自己免疫機能が乱れてしまい、毛根や毛母体を免疫が攻撃することによって脱毛が始まります。

心の問題や環境の問題などが解決すると、円形脱毛症の症状も治まり、髪も元の状態に生えてくることでしょう。自己免疫機能は精神的なストレスを抱えたときや、過労など肉体的なストレスを抱えたときも起こります。ほかにもアレルギーなどでアレルゲン物質に過剰反応し、免疫が異物を排除しようと自分自身を攻撃するため、円形脱毛症になってしまうケースもあります。

発毛剤を使用するよりも病院で治療が優先

円形脱毛症になると、恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。そのため発毛剤の力を借りてなんとかしようと思ってしまうかもしれませんが、病院へ行って治療を行った方が早く解決することができます。
病院での治療方法は保険が適用されるものと適用されないものがありますので、医師と相談しながら治療方法を決めていきましょう。

円形脱毛症にはどのような治療方法があるの?
ステロイド局所注射

円形脱毛症の治療方法には、いろいろな治療法があります。症状がなかなか改善しない場合は、炎症や免疫機能を抑える薬用効果のあるステロイドを脱毛部分に直接注射するステロイド局所注射という方法があります。
円形脱毛症が一つだけでなく、多発している場合には効果があるでしょう。ただ問題なのが注射をするときに強い痛みがあるため、子どもにはあまり行わず、大人の治療に適しています。

内服薬

円形脱毛の症状に合わせて内服薬を服用して治療を行う方法です。ステロイドや高アレルギー薬、セファランチン、メチオニンなどの薬があります。

外用薬による治療

脱毛部分にステロイド外用や塩化カルプロニウム、ミノキシジルなどを塗布して治していきます。

紫外線療法

広い範囲で脱毛する全頭型円形脱毛症や汎発型など症状が酷い場合は紫外線療法を行う場合があります。2週間に1回から6回程度紫外線を照射することによって円形脱毛に効果がありますが、紫外線を照射するため、肌の炎症や酷い場合は水膨れなどが生じることがあるでしょう。

生活面での予防法、改善法について

円形脱毛症を少しでも改善するには、生活面でも注意する必要があります。シャンプーや整髪料がアレルギーを起こしている可能性がある場合は、敏感肌でも使用できるものに切り替えると良いでしょう。
また食事は栄養バランスの良い食事を三食頂くようにし、タンパク質を積極的に摂るように心がけると良いです。タンパク質を多く含む食品には、豆腐や納豆などの大豆製品や卵などがあります。亜鉛などのミネラルやビタミンも髪には必要な成分ですので、野菜や果物なども毎日欠かさずに摂るようにしましょう。

市販の発毛剤を使用するよりも医師に処方された薬を使いましょう

円形脱毛症になった場合、自分の判断で市販の発毛剤を使ってはいけません。円形脱毛症は日常のストレスや自己免疫不全が原因で起こるケースが多いため、市販の発毛剤を使用するよりも病院へ行って原因を探り、自分に合う治療方法を行うのが一番です。

医師に処方された薬や発毛剤を使用して気長に治していきましょう。ストレスが原因で円形脱毛症になっている場合は、心療内科で現在の状況を改善された方が良いでしょう。皮膚科と同時に通うことで円形脱毛症を少しでも早く治していくことができます。


円形脱毛症になった場合、市販の発毛剤を使って脱毛症状を改善しようとするよりも、病院を受診して治療を受けた方が良いでしょう。円形脱毛症の原因は自己免疫疾患による場合が多いからです。強いストレスなどを受けると、免疫が毛母細胞や毛根を攻撃してしまうため、一時的に円形脱毛症になってしまうからです。

治療方法にはステロイド局所注射や内服薬、外用薬による治療、紫外線療法などがありますので、自分の症状に合う治療を行うと早く治すことができます。ストレスで円形脱毛症になってしまった場合は、皮膚科と同時に心療内科に通い心の問題を解決していくと、少しでも早く円形脱毛症を改善していくことができます。

育毛剤の最近記事

  1. 発毛剤を使用し続けると効果が薄れてしまうの?

  2. 原因はある物質の量とその感受性にあることが判明、その対策方法を知ろう

  3. 育毛剤は頭皮からは浸透しないって本当?!

  4. 【育毛・脱毛】食べたら生える!飲んだら抜ける?

  5. 発毛剤や育毛剤の中止はできるのか

関連記事

PAGE TOP